木曜日, 3月 4, 2021
ホーム Decorating Have a look around this bold and colourful 1930s semi in London

Have a look around this bold and colourful 1930s semi in London

We woke reasonably late following the feast and free flowing wine the night before. After gathering ourselves and our packs, we headed down to our homestay family’s small dining room for breakfast.

Refreshingly, what was expected of her was the same thing that was expected of Lara Stone: to take a beautiful picture.

We were making our way to the Rila Mountains, where we were visiting the Rila Monastery where we enjoyed scrambled eggs, toast, mekitsi, local jam and peppermint tea.

We wandered the site with busloads of other tourists, yet strangely the place did not seem crowded. I’m not sure if it was the sheer size of the place, or whether the masses congregated in one area and didn’t venture far from the main church, but I didn’t feel overwhelmed by tourists in the monastery.

Headed over Lions Bridge and made our way to the Sofia Synagogue, then sheltered in the Central Market Hall until the recurrent (but short-lived) mid-afternoon rain passed.

Feeling refreshed after an espresso, we walked a short distance to the small but welcoming Banya Bashi Mosque, then descended into the ancient Serdica complex.

We were exhausted after a long day of travel, so we headed back to the hotel and crashed.

I had low expectations about Sofia as a city, but after the walking tour I absolutely loved the place. This was an easy city to navigate, and it was a beautiful city – despite its ugly, staunch and stolid communist-built surrounds. Sofia has a very average facade as you enter the city, but once you lose yourself in the old town area, everything changes.

IF YOU HAVE IT, YOU CAN MAKE ANYTHING LOOK GOOD

Clothes can transform your mood and confidence. Fashion moves so quickly that, unless you have a strong point of view, you can lose integrity. I like to be real. I don’t like things to be staged or fussy. I think I’d go mad if I didn’t have a place to escape to. You have to stay true to your heritage, that’s what your brand is about.

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

スミソニアンの「未来」展で、バージンハイパーループの記録破りの輸送ポッドを特集| スマートニュース

スミソニアンの175周年は歴史的なものをキックオフします スミソニアン芸術産業ビル(AIB) 20年後に一時的に再開し、「先物、」2021年11月から2022年7月まで展示された未来を探る展示会。AIBは画期的な発明を展示することに異論はなく、エジソンの電球、アポロロケット、アレクサンダーグラハムベルの電話を展示しました。 ...

SpaceXのスターシップテストの開始を見る

2つの壮大な飛行、2つの壮大な不時着。 3回目が魅力ですか?スペースXは水曜日に、スターシップの別の高高度飛行の準備をしています。これは、民間ロケット会社の創設者兼最高経営責任者であるイーロン・マスクがいつか火星に送ることを夢見ている巨大な次世代宇宙船です。SN10に指定された最新のプロトタイプは、今年の初めからテストサイトに設置されており、高度を目指します。 高さ6マイル強、SpaceXがいつか達成しようとしている軌道の高さをはるかに下回っています。 (これには、まだ開発中のスーパーヘビーと呼ばれる強力なブースターステージが必要です。)プロトタイプは、2月と12月に発売されたバージョンと外観が似ています。 ブラウンズビル近くのコミュニティであるテキサス州ボカチカにあるテストサイトに着陸しようとしたときに、2人とも墜落しました。「私たちはその着陸に少し取り組む必要があります」と、2月にテストのウェブキャストを主催したSpaceXエンジニアのジョンインスプラッカーは言いました。衝突で終了するフライトであっても、各フライトは、地球軌道を達成できる宇宙船のバージョンに向けて作業するSpaceXエンジニアに追加のデータを提供します。2月2日の最新のテストは、SpaceXとロケットの打ち上げを規制する連邦航空局との間の小競り合いの後に行われました。 FAAは、12月初旬の打ち上げは当局の承認なしに行われたと述べた。 SpaceXは、試験中に爆発によって発生する可能性のある圧力波が公衆に危険をもたらさないことを示していなかったにもかかわらず、その飛行を実施するための免除を要求しました。 FAAは要求を拒否しました。 とにかくSpaceXが発売されました。調査の結果、FAAはSpaceXが2月の打ち上げを進めることを許可しました。 その飛行が別の墜落で終わったとき、代理店は再び調査を求めました、そしてそれはそれほど困難なく進んだように見えます。 代理店は水曜日にテストの承認を与えました。マスク氏の会社はローンチビジネスで成功を収め、今では世界で最も価値のある株式非公開会社の1つになっています。 そのファルコン9ロケットは、衛星を軌道に送るための主要な主力製品になっています。 定期的に国際宇宙ステーションに貨物を輸送し、2020年にNASAの宇宙飛行士を2回持ち上げ、今年はさらに多くの旅行が計画されています。しかし、多くの人が、スターシップを火星に送ってからわずか数年であるというマスク氏の主張に懐疑的です。彼は、スペースXのタイムラインを繰り返し設定しており、どれだけ早く通過するかについて楽観的すぎることが証明されました。2019年に、スターシップの開発に関する最新情報を提供したとき、彼は、高高度テストは数か月以内に行われ、軌道飛行は2020年の初めに行われる可能性があると述べました。代わりに、溶接不良のためにいくつかの壊滅的な故障が発生しました。 推進剤タンクが破裂しなくなったとき、プロトタイプのうちの2つは昨年短い成功した飛行をしました。 これらの初期のスターシップのプロトタイプは、ラベルが剥がされたスプレー式のペンキ缶に似ていて、テキサスのテストサイトに戻る前に単一のロケットエンジンを使用して500フィート近く上昇しました。に 火曜日の夜に公開されたビデオマスク氏は、スターシップは2023年までに人々を軌道に乗せる準備ができていると述べた。彼は、スターシップの開発を財政的に引き受けるのを支援している日本の起業家である前澤友作が公開したビデオで発言した。 前澤さんは、月を一周して地球に戻る約一週間の旅に出るつもりです。火曜日のビデオで、前澤氏は月面航海に8人の乗客を連れて行きたいと発表しました。 行きたい人からの招待応募。...

SpaceXは本日スターシップSN10テスト飛行を開始する可能性があります。 ライブで見る方法は次のとおりです。

SpaceXは、最新のスターシッププロトタイプを高高度テスト飛行で、おそらく今日(3月3日)に打ち上げる準備をしています。 スターシップSN10プロトタイプは、東部標準時午前10時(グリニッジ標準時午前1500時または現地時間午前9時)に開いた9時間の時間枠の間に、キャメロンカントリーのボカチカビレッジ近くのスペースXのサウステキサステスト施設から飛ぶことができました。 バックアップの開始日は木曜日と金曜日にご利用いただけます。 キャメロン郡当局によると。SpaceXが本日スターシップSN10の打ち上げを試みる場合、フライトの数分前にWebキャストが利用可能になります。 このWebキャストは、このページまたはSpace.comのホームページ、および ここでSpaceXから直接 と YouTube。 SpaceXはウェブキャストを発表します Twitter経由はこちら。関連: SpaceXのロケットの進化を写真でご覧くださいSN10は、スペースXが飛行する3番目のスターシッププロトタイプであり、6マイル(10キロメートル)をわずかに超える最大高度を目指します。 テストは2つ続きます それぞれ12月9日と2月2日のスターシップSN8とSN9の初期の高高度飛行。 以前のテストロケットは両方とも、着陸ゾーンに衝突して爆発した着陸まで良好に機能しました。 SpaceXは、スターシップSN10ビークルで異なる結果を期待しています。 「スターシップSN8およびSN9の高高度飛行試験と同様に、SN10は、3つのラプターエンジンによって上昇によって動力を供給され、車両がアポジに到達する前に、それぞれが順番にシャットダウンします。高度は約10kmです。」 SpaceXはフライトの説明に書いた。 SN10は、目標高度に到達した後、空中で「ベリーフロップ」操作を実行し、着陸地点まで滑空して、垂直着陸のために別のワイルドフリップを試みることが期待されています。 スターシップとスーパーヘビー: SpaceXの火星-画像内の車両の植民地化「SN10のラプターエンジンは、打ち上げマウントに隣接する着陸パッドに着陸する直前に、ビークルが着陸フリップ操作を試みると再点火します」とSpaceXは飛行の説明に書いています。 SpaceXは、深宇宙探査用の完全に再利用可能な発射システムとして、高さ165フィート(50メートル)のスターシップビークルとスーパーヘビーと呼ばれる大規模なブースターを開発しています。 ...

Recent Comments